概要 - iOS app / Magnetscape

Magnetscape - 磁気レベル測定・解析ツール

icon_magnetscape icon_magnetscape_lite

「Magnetscape」は、iPhone内蔵の磁気センサを使用し、目に見えない磁界を観測するアプリです。

「Magnetscape Lite」は、高機能アプリ「Magnetscape」をシンプル化した無料バージョンです。

 われわれの身の回りにはさまざまな磁界があります。たとえば、大型のモーターやコンプレッサー、また金属が近くにあるだけでも磁界は変動します。何もないような場所でも地磁気(地球の磁場)が存在し、その影響をうけています。

 本アプリは周囲の磁界をリアルタイムにモニターすることは可能で、実生活で様々な用途に使えます。例えば、静磁界の調査、交流磁場(電磁場)での低電磁場の探索、金属探知などにご利用いただけます。

 最新バージョンで、Scopeモード時の角度表示機能が追加されました。


mgs_scope mgs_lite_scope

「Magnetscape」をApp StoreTMからダウンロードするには、下記リンクをクリックしてください。App StoreTM内のダウンロードのページを開きます。

別のサイトに移動します。アップルストアからダウンロード


「Magnetscape Lite」をApp StoreTMからダウンロードするには、下記リンクをクリックしてください。App StoreTM内のダウンロードのページを開きます。

別のサイトに移動します。アップルストアからダウンロード


iTunesのインストールが必要です。
App Storeへ接続する際の通信料はお客さまの負担となります。
* iPhoneは米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。

* App StoreはApple Inc.のサービスマークです。


製品情報

# 製品名 : Magnetscape

バージョン : 1.1
リリース : 2018/3/6
サイズ : 0.8 MB

# 製品名 : Magnetscape Lite

バージョン : 1.1
リリース : 2018/3/6
サイズ : 2.9 MB

カテゴリ : ユーティリティ、教育
互換性 : iOS 11.2以降が必要。iPodおよびiPadシリーズは非推奨です。


特長

磁気センサによる磁界観測のグラフィック表示(Scope)
磁界観測の時間変位グラフ表示(Time)
FFT解析表示(FFT)(「Magnetscape Lite」は機能なし。)

磁界観測

- x軸: (画面に向かって右方向)の磁界の強度(Bx)

- y軸: (画面に向かって上方向)の磁界の強度(By)

- z軸: (画面の垂直上方向)の磁界の強度(Bz)

- 合成磁束密度: x軸、y軸、z軸の3成分をすべて考慮した磁界の強度(Bcomp)

- サンプリング周波数: 32Hz

- 観測値の単位: uT


連続測定時間: 3分 (「Magnetscape Lite」は1分。)
アラート機能: 合成磁束密度が300μTを超えると、警告メッセージが表示されます。
ピークホールド表示(FFTモード時、「Magnetscape Lite」は機能なし。)
測定表示画面のスナップショット(Snap)(「Magnetscape Lite」は機能なし。)
角度表示(Angle)(Scopeモード時)


磁界と電磁波

磁界(磁場)は磁気の力が働いている空間のことで、ベクトル量のために強さと方向があります。例えば、永久磁石にはN極とS極があり、異なる極性のものは引き合い、同じ極性のものは反発しあうような磁気の力が空間に働きます。

さらに、直流磁界(静磁界)は強さが一定に保持されているような磁界で、地磁気や永久磁石などがあります。交流磁界は磁界の強さが周期的に変化する場合の磁界で、送電線やトランス(変圧器)や電気機器の近くで発生します。このような磁界と電界は密接な関係にあり、低い周波数領域では電磁界、高い周波数領域では電磁波とも呼ばれています。 また、高い電圧や高周波数の電流の流れるところでは、その周囲に強い磁界が現れます。

磁界や電磁波は、直接目にはみえないため、様々な現象や問題が見逃されています。とくに、電子機器からでる電磁波などは様々な身体的、物理的な影響があるケースもあります。

本アプリは、このような磁界を検出するための計測ツールで、磁界の強度や方向、磁界強度の時間変化、3軸合成磁界の周波数分析(FFT解析)などを測定表示することが可能です。



基本操作手順

iPhone内蔵の磁気センサから3次元の磁気データを取得して信号処理をおこない、周辺環境の磁界を計測解析します。


(1) 利用方法の確認

アプリの初期起動時には、Info情報が表示されます。使用上の注意、機能の説明が表示されますので、ご確認の上、本アプリをご利用ください。

Closeボタンをタップすることで、トップビューの測定画面にもどります。


info startup

(2) 測定操作

本アプリは3種類の測定モードを持っています。スコープ(Scope)、時間グラフ(Time)、周波数解析(FFT)のいづれかを選択できます。デフォルトはスコープ(Scope)で、測定動作中にも測定モードを切り替え可能です。(「Magnetscape Lite」には周波数解析(FFT)モードを搭載していません。)

スタートボタンをタップすると、それぞれのモードで磁界測定を開始し、ストップボタンをタップすると停止します。


mgs_mode mgs_mode

(3) 測定上の注意

測定開始から3分で自動停止します。(「Magnetscape Lite」は1分で自動停止します。)

磁界測定中に表示数値が300uTを超えると警告(ALERT)を表示します。測定は継続しますが、長時間強い磁界を与えると磁気センサが狂う恐れがあります。


mgs_alert mgs_alert

磁界観測

本アプリの磁界観測は、端末姿勢にしたがって次のようにデータ収集され、計測表示されます。


- x軸: (画面に向かって右方向)の磁界の強度(Bx)

- y軸: (画面に向かって上方向)の磁界の強度(By)

- z軸: (画面の垂直上方向)の磁界の強度(Bz)

- 合成磁束密度: x軸、y軸、z軸の3成分をすべて考慮した磁界の強度(Bcomp)

- サンプリング周波数: 32Hz

- 観測値の単位: uT



スコープ (Scope)

スコープ(Scope)では、磁界の強度(単位:uT)を数値表示するとともに、磁界の大きさと方向がわかるようなグラフィック表示(レベル円)をおこないます。

”レベル円”の表示位置は、磁力源の極性に合わせて移動しますが、極性が地磁気と同じ方向であればN極の方に吸い寄せられ、逆に極性が反対(S極)であれば遠ざかります。近くに金属や磁界を発生させるものが無ければ、”レベル円”は地磁気(N極)の方向(北方向)にずれて表示されます。

また、Angleボタンをタップすると、磁界の角度表示を有効にすることができます。


mgs_scope mgs_lite_scope

時間推移グラフ (Time)

磁気センサからのRAWデータ(未加工データ)とセンサ内補正後データの時間推移を表示します。 3次元空間における各軸値(Bx/By/Bz)、および、合成磁束密度(Bcomp)の時間グラフです。縦軸に強度、横軸に時間でリアルタイムに更新表示されます。最大180秒分をスクロール表示できます。


Time Graph

- 上部グラフ : Raw magnetic-field (uT) - RAWデータ(センサデータ)

- 下部グラフ : Calibrated magnetic-field (uT) - センサ内補正後データ


mgs_time mgs_lite_time

周波数解析 (FFT)

変動する磁場に対してFFTによる周波数解析を行います。合成磁束密度のFFT解析結果をグラフ表示します。

FFTモードでの計測中に、Holdボタンをタップすることで、FFTグラフのピークレベルをホールド表示します。各周波数成分の最大値を観測できます。

なお、各周波数成分の信号強度は地磁気全磁力を基準として算出されます。地磁気補正のために、お住まいの地磁気全磁力を45±15uTの範囲で設定してください。Infoに、この地磁気全磁力の設定(Reference Geomagnetic total intensity)があります。


FFT Graph

- 横軸:周波数 1 - 16Hz (0.5Hz)

- 縦軸:dB値 (基準値デフォルト45μTに対する比率。基準値は45±15μT/1μT単位で設定可能)


mgs_fft


ご参考:日本国内での地磁気全磁力を調べるには、つぎのサイトが参考になります。

国土地理院 地磁気測量 / 地磁気値を求める



スナップショット

Snapボタンをタップすると、測定画像のスクリーンショット(写真への保存)をおこなうことができます。 なお、初回保存時に、「写真」へのアクセス許可の確認がiOSシステムより求められます。必ず、アクセス許可してください。

インフォメーション

"Info."ボタンをタップすると、製品情報を表示します。

"Support Information"(Magnetcape Lite」では、"Support/Info")をタップすると、”Safari”が起動してサポートページにジャンプします。

「Magnetcape Lite」において、”Upgrade Info.”をタップすると、”App Store”が起動して当社アプリ製品情報を表示します。

本製品のレビュー評価をご記入いただく際には、こちらからアクセスが可能です。

お知らせ

Magnetscape version 1.1 リリース (March 06, 2018)
Magnetscape version 1.0 リリース (April 19, 2017)

Magnetscape Lite version 1.1 リリース (March 06, 2018)
Magnetscape Lite version 1.0 リリース (April 19, 2017)

備考

本アプリの表示数値は、磁気センサからの出力値(RAWデータ)そのものです。アプリ内部でフィルタリング処理などの加工は一切行っていません。
磁気センサはデリケートなデバイスですので、極端に強い磁石、磁界に長時間さらされることで磁気センサの内部基準値が狂う恐れがあります。
磁気センサの基準値が狂った場合には、一旦アプリを停止し暫く放置しておくと自動的に磁気センサは再調整されます。それでも磁気センサが不安定な場合は、電子コンパスのキャリブレーションやリセット手順をお試しください。
端末機種に依存して、磁気センサからの測定値が安定するまでに数秒から10秒程度かかることがあります。

レビューのお願い

このアプリに関して、ご感想、ご要望などのレビューをお待ちしています。当社の製品開発の参考にさせていただきます。また、皆様のレビュー評価は開発者の励みになります。ご協力をお願い申し上げます。


別のサイトに移動します。アップルストア「Magnetscape」のレビューはこちらへ


別のサイトに移動します。アップルストア「Magnetscape Lite」のレビューはこちらへ


iOSデバイスからアクセスしてご記入ください。

お問い合わせ

製品に関するお問い合わせはつぎのメールアドレスまでお願いいたします。さらに、下記の情報も合わせてお伝えいただければ幸いです。

support@toon-llc.com

1. アプリ名
2. iOSデバイスモデル名
3. iOSバージョン
4. ご要望または問題点などの詳しい状況

icon_arrow ページトップへ